車 パーツ

車のパーツの大小

車のパーツと言っても、そんなに細かい部分ではなくて、なにしろ変えが
効かない物は効かないからね。

 

ここでは、そういったことではなく、カー雑誌を長年読んでいて思ったこと
なんだけど、チューニング系の雑誌全般なんだけど、車に限らないが、
日々進化するものだよね。

 

だから、状況は日々変わっていく。

 

例えば、ブレーキキャリパー、大きくするとコントロール性が下がる
とかいわれ、そんない大きいものはいらない、まあ、今でもそうだろうが、
それから、全体の流れとして大きくなっていくんだよね。

 

大きくてもコントロール性が落ちない、あとはタービン、大きいタービンは
コントロール性が良くないって言っていたが、これも年々大きいものでも
大丈夫になっていく。

 

パワーもそうかな、400馬力もいらない、なんていっていたが、400馬力では
パワーがないって感じになっていく。

 

結局、技術の進歩で大は小を兼ねるようになる傾向があるように感じる。

 

まあ、そうはいっても、そんなに必要がないなら、小さいので良いのだろうが、
車は娯楽要素があるもの、専門家の意見がすべてではない、というより、
一般の気持ちの部分のほうが大きいのでは。

 

だから、必要があるとかは関係ない、デカイタービン、ブレーキ、ハイパワーの
車を乗る、それだけでもいいものだ。

 

これも車の楽しみ、必要性なんて言っていたら、自動車メーカーの車だって
微妙だと思う。

 

利便性だけではないのが車の魅力、どう楽しむかは、人それぞれ、それで
良いと思う、まあ、合法でないと話にはならないがね。


  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  繧ケ繝ォ繧ャ閾ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  縺、縺ー繧∬ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  繧ケ繧ソ繝繝峨Ξ繧ケ繧ソ繧、繝、  繧ソ繧、繝、 莠、謠帶凾譛  繧ソ繧、繝、 繝弱い 譁ー蜩  螢ー蜆ェ 蟆る摩蟄ヲ譬。  Valvoline  譟ソ蟠手ェ蜍戊サ雁ュヲ譬。  螟ゥ辟カ遏ウ縺ィ繝代Ρ繝シ繧ケ繝医シ繝ウ  蝓シ邇 蜷亥ョソ蜈崎ィア  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  繧ソ繧、繝、 蜿悶j莉倥¢ 譟丞ク  荳ュ蜿、繝槭Φ繧キ繝ァ繝ウ繧偵Μ繝弱吶☆繧